仕事が面白くなる方法

仕事が面白くなる方法ってなんでしょうか?

私が知りたいぐらいです・・・

仕事が楽しいって感じ方は人それぞれ違います。

『職場の人と話すのが楽しい』『給料日が待ち遠しい』『可愛い社員を見ているが楽しい』

これも楽しいって言えますが『仕事』という意味では違います。

では根本的に仕事が楽しいってどういうことなんでしょうか?

例えば『プロ野球選手』

プロ野球選手の人は小さい頃から野球を続けて甲子園をめざし、ドラフトで指名されて念願のプロ野球人生を送ります。

そして、プロ野球選手になるという夢を叶えて仕事として生活していきます。

しかし、競争が激しく徹底的に練習して努力しないとすぐクビになります。

これはスポーツ選手全般に言えます。

それは一般の会社員にはなかなか無いことです。

しかし、そういう厳しい現実の中でも、プロ野球選手のほとんどの人が仕事を楽しいと思っているでしょう。

もう一つ例えると『弁護士』

弁護士になる為に学生時代に猛勉強します。 死ぬほど勉強するでしょう。

司法試験を受験して何度も落ちる人もいるでしょう。

しかし夢を叶える為に何度でもチャレンジします。

そして超難関の司法試験を突破して念願の弁護士になります。

そして弁護士になっても常に勉強して、新しい法律を覚えたり裁判で勝てるように努力をします。

2つの例に共通しているのが、仕事に対して一生懸命頑張るということです。

仕事を頑張るって口で言うのは簡単です。

しかし、いざ仕事を頑張ろうとすると挫折したり、嫌なことをしなければいけません。

それでも夢をかなえるために死ぬほど努力をします。

何が言いたいかというと、仕事(やりたいこと)に対してとことん追求して努力した先にやっと仕事が楽しいって思えるんじゃないでしょうか?

ここで言う楽しいとは決して『楽』ではありません。

楽しくなくても楽して仕事を出来ればいい!!って思う人も大勢いるでしょう。

それはそれで言いと思いますが、そういう楽な人生より苦労してでも面白いって思える仕事に出会えたほうが人生得してると思います。

また、死ぬほど努力して仕事に打ち込み、やり通すと成果が出るのはもちろん、自分の人間性にも成長し、仕事もますます面白く感じることができるでしょう。

スポンサーリンク

転職支援実績No.1

私もリクルートエージェントを利用して転職活動をしたことがありますが、コンサルタントは非常に親切で好感を持ちました。

希望に合った求人を紹介してもらえるので、在職中の方も仕事をしながら転職活動をスムーズに進めることが可能です。

あわせて読みたい関連記事

公開日: 2013年10月28日
更新日: 2016年11月10日