退職後の健康保険の加入手続き

会社を辞める

スポンサーリンク

転職支援実績No.1

私もリクルートエージェントを利用して転職活動をしたことがありますが、コンサルタントは非常に親切で好感を持ちました。

希望に合った求人を紹介してもらえるので、在職中の方も仕事をしながら転職活動をスムーズに進めることが可能です。

退職後に行う手続きの一つに健康保険の加入手続きがあります。

会社を退職すると、今まで加入していた社会保険から抜ける事になります。退職すると何かしらの健康保険に加入しなければいけません。

方法としては、3パターンあります。

1.健康保険任意継続に加入

健康保険任意継続は前職の健康保険をそのまま継続して加入する事をいいます。

ただ、会社に勤めている場合は会社が半分負担してくれていましたが、健康保険任意継続になると全額負担しなければいけません。

なので、在職中の2倍相当の保険料を納付しなければいけません。(上限あり)

加入するにはいくつか条件があります。

【健康保険任意継続の加入条件】

  • 前職で2ヶ月以上健康保険に加入している事
  • 退職後20日以内に手続きを行う

詳しくは【任意継続保険の加入手続きの仕方】を参照にして下さい。

2.国民健康保険に加入

お住まいの市区町村役場の国民健康保険課で手続きを行います。退職後14日以内に手続きを完了させるようにしてください。

保険料金は前年の所得、扶養人数などにより保険料が変わります。保険料の算出はお住まいの市区町村役場の国民健康保険課である程度の保険料を算出してくれます。

詳しくは【国民健康保険の加入手続きの仕方】を参照にして下さい。

3.ご家族の非扶養者となる

ご家族の非扶養者になろうとされた場合、扶養に入る予定のご家族の勤め先の健康保険担当者に相談をして、自分は扶養に入れるのか相談しましょう。

どちらの保険料が安くなるかは【任意継続保険と国民健康保険どちらが安くなるの】を参考にして下さい。

健康保険に入るのは国民の義務です。

自分は怪我や病気をしないから平気!! だから保険料なんて払わない!

それは通りません。

会社を退職した日から、手続きしていなくても国民健康保険に自動的に加入されています。

なので、仮に退職後半年後に国民健康保険の加入手続きをした場合、『過去にさかのぼって保険料を請求されます』

半年分となれば相当な額になりますので、退職してからすぐに加入手続きをするようにして下さい。

自分の適正年収を調べる

「転職サイト@type」に登録すると自分の適性年収を調べることができます。

私も無料診断したら、今の年収よりも44万6千円も高い結果が!

もちろん、全てのサービスを無料で利用できるので、求職中の方はもちろん、就業中の方も、自分の適正年収がどれぐらいなのかを調べてみて下さい。