健康保険任意継続の加入手続きの仕方

会社を辞める

スポンサーリンク

転職支援実績No.1

私もリクルートエージェントを利用して転職活動をしたことがありますが、コンサルタントは非常に親切で好感を持ちました。

希望に合った求人を紹介してもらえるので、在職中の方も仕事をしながら転職活動をスムーズに進めることが可能です。

退職前の会社の健康保険を、そのまま継続して利用する場合は、健康保険任意継続を申込みします。

但し、在籍中は、会社が半分負担してくれていましたが、任意継続の場合は、全額を負担しなければなりません。

健康保険任意継続の加入条件

  1. 資格喪失日の前日までに「継続して2ヶ月以上の被保険者期間」があること
  2. 資格喪失日から「20日以内」に申請すること

手続きをする場所

【協会けんぽの保険証をお持ちの方】

協会けんぽの保険証をお持ちの方は、協会けんぽ支部一覧にて問い合わせして、手続きしてください。

【各健康保険組合(健保組合)発行の保険証をお持ちの方】

各健康保険組合ヘお問い合わせ下さい。

手続きの際に必要な書類

任意継続被保険者資格取得申出書(コチラよりダウンロードしてください)

申込み方法

基本的に各協会・組合宛に郵送で大丈夫です。 但し、手続きは退職後20日以内に申請を完了しなければいけませんので、時間が無い場合は、直接窓口で手続きをしましょう。

任意継続被保険者の資格喪失日

  • 加入から二年が経過した翌日
  • 保険料が納付されなかった場合
  • 適用事業所の被保険者となった日
  • 75歳の誕生日、または後期高齢者医療制度の被保険者となった日
  • 死亡した日の翌日

注意すべきは②です。保険料の納付が確認できなくなった瞬間に喪失し、自動的に国民健康保険に切り替わります。

保険料は?

保険料は前職の年収により変動します。

会社で働いていたときは、会社が半分負担してくれていましたが、任意保険の場合は全額負担しなければいけません。ということは、基本的に前職の保険料の2倍相当が保険料になります。

しかし、健康保険任意継続の保険料には上限が設けられており、平成30年度では年間28万円が上限になっているので、年収が高い方でも1ヵ月2万円弱で加入することができます。

自分の適正年収を調べる

「転職サイト@type」に登録すると自分の適性年収を調べることができます。

私も無料診断したら、今の年収よりも44万6千円も高い結果が!

もちろん、全てのサービスを無料で利用できるので、求職中の方はもちろん、就業中の方も、自分の適正年収がどれぐらいなのかを調べてみて下さい。