ジョブカフェ

ジョブカフェとは、学生・生徒、フリーターの方など、若年の求職者に対して、職業相談・職業紹介などの支援を行っている経済産業省の機関になります。

ちなみにジョブカフェとは通称で、本来は「若年者のためのワンストップサービスセンター」意味を持っています。

ジョブカフェでは、雇用保険失業給付の手続きは行っておりません。

各県におよそ1箇所設置されており、施設によってはハローワーク内に併設されている施設もあります。

こんな人にオススメ

  • 30歳未満の若年者
  • 正社員で働いたことが無い方

ジョブカフェの特徴

ジョブカフェはハローワークと違い、若者の求職者に特化した施設になります。若年者向けのセミナーも定期的に開催されています。

カフェに行くような感覚で利用できますので、ハローワークの様に堅苦しい雰囲気ではありません。カウンセリングやインターシップの紹介など、仕事に関する様々なサービスを提供してもらうことが可能です。

利用方法

施設内にある求人検索機で求人を探します。気になった求人がありましたら、印刷して窓口に提出します。

窓口に提出すると、専門のキャリアアドバイザーからその求人の詳細説明を受けれますので、その後、応募の意思が固まりましたら応募します。応募手続きはキャリアアドバイザーがしてくれるので、面接日時、面接時の持ち物、選考方法をメモしておきましょう。

スポンサーリンク

転職支援実績No.1

私もリクルートエージェントを利用して転職活動をしたことがありますが、コンサルタントは非常に親切で好感を持ちました。

希望に合った求人を紹介してもらえるので、在職中の方も仕事をしながら転職活動をスムーズに進めることが可能です。

あわせて読みたい関連記事

公開日: 2013年11月5日
更新日: 2015年3月3日