ハローワーク

ハローワークとは日本語で『公共職業安定所(職安)』と呼ばれています。

職安とは、公的職業安定組織が運営する『職業紹介所』になり、基本的に各市町村に一ヶ所設置されています。

我々労働者が、職安に行く目的は基本的に2つあります。

一つ目は、仕事を探すため。

職安に行くと『総合受付』という窓口があります。初めて利用されるときは、総合受付に行き『仕事を探しにきました』と告げてください。一般的に求人を探す方法は、施設内にパソコンが置いていますので、そこから求人を探します。

そして気になる会社があれば職業相談窓口に持っていき、詳しい説明を受けてから応募をするかどうかの決定をします。相談がなければ、パソコンだけ見ることも可能です。職安の人が面接の日時など全て手配してくれますので、自分で探すより楽に応募することができます。

たまに、無職(失業中)の人しか利用できないと勘違いされている人もいますが、在職中の方でも職業相談・求人応募共に可能ですので、いつでもお気軽に利用してもらっても大丈夫です。

二つ目は、失業保険の給付手続きのため。

会社を辞めると、職安で失業保険の給付手続きを行います失業保険の給付手続きは会社を辞めた人を対象にしているので、在職中の方が給付手続きをすることはほぼありません。しかし、在職中でも相談はできますので、失業保険に関して分からないことがありましたら相談しに行きましょう。

あとは、事業主の方は求人や助成金の手続きをする際に利用しますが、一般の方には関係ないでしょう。

スポンサーリンク

転職支援実績No.1

私もリクルートエージェントを利用して転職活動をしたことがありますが、コンサルタントは非常に親切で好感を持ちました。

希望に合った求人を紹介してもらえるので、在職中の方も仕事をしながら転職活動をスムーズに進めることが可能です。

あわせて読みたい関連記事

公開日: 2013年10月19日
更新日: 2015年3月3日