ジョブホッパー

ジョブホッパーとは、1年~2年程度の周期で転職を繰り返し、いくつもの会社を転々とする人のことを言います。

短期間で会社を辞めて職を転々とする人は、企業側からしても『我慢が出来ない人なのかな?』や『人付き合いが上手くできない人なのかな?』とマイナスなイメージを持たれてしまいます。企業側はもちろん、この会社に少しでも長く働いて欲しいと思っているんですから、そういう人は採用しません。

ジョブホッパーと言われる人でも、大抵の人は最初の転職には抵抗があります。しかし、短い期間の転職を2回、3回と繰り返していく内に、どんどん抵抗力が無くなっていき、会社を辞めることにあまり抵抗を感じなくなってきます。

一見、ひとつの会社でずっと働くより、色々な仕事を経験できるから良い!と思われかもしれません。確かにそれも一理あるでしょう。しかし、転職して最初の1年程の短期間では、なかなか仕事をを覚えることもできないし、実績を残すこともできにくいです。3年以上同じ会社で働いてやっと、その会社に馴染み成果が現れてくるパターンが多いでしょう。

そういう意味でも、企業側は1~2年のキャリアをいくら積んだところで、なかなか評価してもらうのは困難になります。そういう意味でも、ジョブホッパーと呼ばれる人は転職のハードルが高くなります。

石の上にも3年』ということわざもあるように、転職したら、多少不満だと思っても、とりあえず『3年を目標』に働いてみてください。3年も働けばキャリアもつくし、転職活動でも大きな武器になります。3年が長いと思われるのでしたら、1年を目標にして下さい。そこからコツコツ頑張っていくと3年なんてあっという間です。

スポンサーリンク

適正年収を調べる

私も転職力診断してみたら、今の年収よりも『47万3千円』も高い結果が!

適正年収の他にも、『予想内定者数』や『企業分析力』などを分析して、総合順位もその場ですぐに判定してくれるので、自分の市場価値を客観的に判断できる。

あわせて読みたい関連記事

公開日: 2013年11月21日
更新日: 2015年3月3日