アルバイトをしながら支援訓練をしても問題ない?

求職者支援訓練を利用すれば、条件を満たせば月額10万円の給付を受けることができます。

といっても、一人暮らしの人には月額10万円じゃ生活できないと思われる人も多数いると思います。そんなときに考えるのが「アルバイト」ですよね。求職者支援訓練の目的は生活が困難な人のために、無料で訓練を受けながら就職をサポートしてもらうという制度です。

そんな制度なのにアルバイトをしてしまっては、生活が困難とは言えなくなるのでは? と思いますよね。

求職者支援訓練を受けられる人は?

訓練期間中に職業訓練受講給付金を貰える条件は?

 

アルバイトをしていても訓練を受けれますが、働きすぎには注意しなければいけません。

具体的には、20時間未満の労働であれば、月額いくら稼いでも、アルバイトをしていても求職者支援訓練を受講することが可能です。

しかし、給付金を支給してもらおうと思うと、月額の収入を8万円以内に抑えなければなりませんの。と言うことで、働きすぎには注意という結論に達します。給付を受けるためには、その他多数の条件がありますので、詳しくは訓練期間中に職業訓練受講給付金を貰える条件は?を参考にして下さい。

 

最後に、アルバイトをしながら求職者支援訓練を受けるのは、結構大変です。給付金を給付してもらう場合は、訓練中に遅刻・欠席が一度も許されないので、アルバイトが忙しかったので遅刻してしまったら、その月の給付はストップされてしまいます。それだと本末転倒になりますので、自分のスケジュールに無理のない程度に、アルバイトは抑えるようにして下さい。

スポンサーリンク

適正年収を調べる

私も転職力診断してみたら、今の年収よりも『47万3千円』も高い結果が!

適正年収の他にも、『予想内定者数』や『企業分析力』などを分析して、総合順位もその場ですぐに判定してくれるので、自分の市場価値を客観的に判断できる。

あわせて読みたい関連記事

公開日: 2013年11月18日
更新日: 2014年12月6日