複数の訓練を続けて受けることは可能?

求職者支援訓練は最長で1年間の受講が可能ですが、現実的には3ヶ月のコースがほとんどです。

3ヶ月の短い期間で、できることって微々たるもので、スキルアップなんでできないと思われる人もいるでしょう。そのときに考えるのが、複数の訓練を続けてうけること。 訓練中は一定の条件を満たせば給付金ももらえるので、できることならずっと訓練を受けていたいと思う人もいるでしょう。

しかし、そう簡単にはいきません。

求職者支援訓練は『基本的に1度受講するとその修了日から1年間は他の訓練を受講できない』規則になっています。ですので、今通っている訓練を終えたら、またすぐ次の訓練を受講するといったことができないシステムになっています。

 

しかし、例外があります。

求職者支援訓練には『基礎コース』と『実践コース』2つの受講パターンがあります。

基礎コースを修了した後に、公共の職業訓練を受けた場合にのみ、1年以内でも連続して受講できるシステムになっています。ということで、長く受講したいのであれば、いきなり実践コースを選択するのではなく、基礎コースを受講しておくことをオススメします。

しかし、以前に他の訓練を受講したことがある場合、「その訓練が修了してから2年間は基礎コースを受講できない」ので受講する際は、自分のこれまでの状況を整理しておく必要があります。

その他にも、特例的に複数連続して受講できるパターンも存在します。

詳しくは、自分の管轄するハローワークにお問い合わせ下さい。

スポンサーリンク

適正年収を調べる

私も転職力診断してみたら、今の年収よりも『47万3千円』も高い結果が!

適正年収の他にも、『予想内定者数』や『企業分析力』などを分析して、総合順位もその場ですぐに判定してくれるので、自分の市場価値を客観的に判断できる。

あわせて読みたい関連記事

公開日: 2013年11月18日
更新日: 2014年12月6日