就職支援を受けると必ず就職できるの?

答えは『NO』です。

 

但し、就職支援を利用することによって、就職率は大幅にアップするというデータはあります。

厚生労働省の発表によりますと、平成23年10月から翌年3月までの求職者支援訓練の修了者による就職率は、

基礎コース:71.7% 実践コース:73.0%

 

このデータを見る限り、求職者支援訓練を受講すれば、約7割の人が就職することができると言うことです。ちなみにハローワークに求職登録した人の就職率は、約3割といわれていますので、求職者支援訓練を利用する効果は絶大と言えるでしょう。

しかし、就職支援を受けたからと言って必ずしも就職できるとは限りません。この7割というデータも、どの基準で集計されたものなのか定かではないので、あまりあてにならないかもしれません。

 

しかし、就職支援を利用するにしても、ハローワークのみを利用するにしても、自力で就職先を探す場合でも、全ての状況に言えることですが、就職したいという意識を強く持って実践することが、就職への近道になることは言うまでもありません。

ですので、あまりそういった施設に頼り過ぎるのも、少し考えを見直さなければなりません。

スポンサーリンク

転職支援実績No.1

私もリクルートエージェントを利用して転職活動をしたことがありますが、コンサルタントは非常に親切で好感を持ちました。

希望に合った求人を紹介してもらえるので、在職中の方も仕事をしながら転職活動をスムーズに進めることが可能です。

あわせて読みたい関連記事

公開日: 2013年11月18日
更新日: 2014年12月6日