訓練期間中に給付金を貰える条件は?

皆さんが一番気になる所でしょう。

ハローワークで求職者支援訓練を受講できる資格を得れたとしても、給付金を受け取れるとは限りません。ちなみに、求職者支援訓練を受講中に貰える給付金のことを『職業訓練受講給付金』と呼ばれます。

この、職業訓練受講給付金を給付してもらうには、様々な条件をクリアしなければなりません。かなり多いですが、一つずつ説明していきます。

 

  • 本人収入が月8万円以下
  • 世帯全体の収入が月25 万円(年300 万円)以下
  • 世帯全体の金融資産が300 万円以下
  • 現在住んでいるところ以外に土地・建物を所有していない
  • 全ての訓練実施日に出席している
  • (やむを得ない理由がある場合でも8割以上出席)
  • 同世帯の中に同時にこの給付金を受給して訓練を受けている人がいない
  • 過去3年以内に、偽りその他不正の行為により、特定の給付金の支給を受けたことがない

 

大きな条件として『収入』が挙げられます。

本人の月収は8万円以下に抑えなければなりません。(求職者支援訓練を受けられる条件の週20時間以内の条件も、当然満たさなければなりません)

そして、本人だけではなく、世帯全体の収入が月25万円以下でなければなりません。一人暮らしの方は問題ありませんが、実家暮らしや、家族と同居している方は注意が必要ですですので、仮に自分が月収5万円と少なくても、親が月収30万円稼いでいれば、給付資格を得ることができません。

 

金融資産が300万円以下の項目も、世帯単位で考えられるので、自分は資産を持っていなくても、仮に、親が300万円以上の金融資産を持っていれば、給付の対象になりません。

 

現在住んでいるところ以外に土地・建物を所有していないのも給付の対象になりません。

 

次に、求職者支援訓練中の出席に関しての条件になります。

給付金を貰おうと思うと、全ての訓練を受講しなければなりません。 一日でも欠席はおろか遅刻をすると給付の対象にはなりません。但し、やむを得ない事情がある場合は、証明書を提出することで、「8割以上の出席」で給付を受けることができます。

この条件は、普通に考えてかなり厳しい条件になりますよね。 真面目に受講する人しか支給しませんということです。

欠席や遅刻で「やむを得ない場合」って?

 

同世帯の中で、1人しか求職者支援訓練を受けることができません。 例えば、夫婦で同時に受講するといったことができませんので、注意が必要です。

 

最後の項目として、過去3年以内に不正をおかした場合も、給付の対象にはなりません。

 

以上、7つの項目を紹介しましたが、受給資格を得られない大きなポイントは、「世帯主の収入が25万円以下」の所でしょう。

実家暮らしの大半の人が、給付金を受け取ることができないことになります。

ただ、この給付金の概念が「生活が困難な人」を挙げているので、実家暮らしの人は基本的に、出費が少ないと考えられるので、仕方ないかもしれません。

スポンサーリンク

適正年収を調べる

私も転職力診断してみたら、今の年収よりも『47万3千円』も高い結果が!

適正年収の他にも、『予想内定者数』や『企業分析力』などを分析して、総合順位もその場ですぐに判定してくれるので、自分の市場価値を客観的に判断できる。

あわせて読みたい関連記事

公開日: 2013年11月18日
更新日: 2014年12月6日