就業手当

就業手当とは、会社をした後に貰える失業保険の一種で、失業中に1年を超える見込みのない職業に就いた場合、その就業日について支給条件を満たした場合、就業手当の支給を受けることができます。その場合、再就職手当の支給対象になりません。

また、この就業手当の支給を受けた場合でも、その後、その就業が安定した職業になったと認められれば、再就職手当ての支給の対象になる場合があります。なお、この場合の支給残日数は安定した職業に就いた日の、前日時点で判断することになります。

就業手当てを貰える条件は?

  1. 職業に就いた日の前日における基本手当の支給残日数が、所定給付日数の3分の1以上かつ45日以上あること
  2. 再就職手当ての支給対象にならない職業に就いた時
  3. 待機期間を過ぎてから就業すること
  4. 離職理由による給付制限を受けた場合は、待機期間満了後1ヶ月間については、ハローワークなどまたは許可・届出のある職業紹介業者の紹介により就職したものであること
  5. 離職前の事業主に再び雇用されたものでないこと
  6. 受給資格決定前から採用が内定していた事業者に雇用されたものでないこと

【それぞれを簡潔に言うと】

  1. 今現在の状態で失業保険をそれほど貰っていない
  2. 再就職手当を貰える条件に無い
  3. 待機期間を超えてから就職しましょう
  4. 待機期間満了後の一ヶ月間はハローワークからの紹介で就職すること※
  5. 今まで行ったことのない会社に就職しましょう
  6. 受給を決定した後に採用されましょう

※ハローワークからの紹介とはハローワークを通して面接に行って採用された場合になります。

就業手当の支給額

支給額は失業保険の残っている日数により変わってきます。

就業日ごとに、基本手当日額の30%に相当する額の支給を受ける事ができます。

但し、基本手当日額には上限があります。

離職時の年齢が60歳未満の方・・・5840円

離職時の年齢が60歳以上65歳未満の方・・・4729円

(毎年8月1日に変更になる場合があります。この情報は2013年10月現在)

仮に日額基本手当てが5500円で給付日数が60日残っている場合は

5500円×60日×30%=99000円の給付を受けることが出来ます。

再就職手当の場合は基本手当日額の50%~60%支給されますので、再就職手当を受給資格を満たしている場合は再就職手当の申請をしましょう

ちなみに再就職手当と就業手当は同時に受け取ることができませんのでご注意を・・・

再就職手当てとは?

スポンサーリンク

転職支援実績No.1

私もリクルートエージェントを利用して転職活動をしたことがありますが、コンサルタントは非常に親切で好感を持ちました。

希望に合った求人を紹介してもらえるので、在職中の方も仕事をしながら転職活動をスムーズに進めることが可能です。

公開日: 2013年10月23日
更新日: 2015年3月3日