税金に関して

税金とは法に基づいて、国や地方公共団体が人間及び商売、財産、所得、商品、取引等に対して金銭を徴収する制度のことを指します。

皆さんに一番身近な税金として『消費税』があります。2014年に消費税率がアップするということで、更に注目を浴びています。

 

何かと税金と言えば悪いイメージを持たれる方が多いですが、税金という制度がないと皆さんの生活の保障ができません。

税金って何に使われているの?

 

税金には様々な種類がありますが、ここでは『労働』に関しての税金を解説していきます。

 

 

所得税

所得税とは個人が得た所得に対して支払われる税金です。

会社員の場合は給料に対して所得税が引かれるので、あまり気にならない方も多いと思いますが、自営業の場合は所得税の計算から申告まで自分でやらなければなりません。

詳しく見る

 

 

住民税

住民税とは、道府県民税と市町村民税を合わせた地方税のことをいいます。

住民税も所得税と同様に会社員の場合は給料に対して引かれます。住民税の納め方は2種類あり『普通徴収』と『特別徴収』が存在します。

詳しく見る

 

 

市民税

市民税とは住民税の一部なので、住民税と同じと考えていいでしょう。

 

 

【参考記事】

所得と給料の違いは?

スポンサーリンク

転職支援実績No.1

私もリクルートエージェントを利用して転職活動をしたことがありますが、コンサルタントは非常に親切で好感を持ちました。

希望に合った求人を紹介してもらえるので、在職中の方も仕事をしながら転職活動をスムーズに進めることが可能です。

公開日: 2013年10月20日
更新日: 2014年12月6日