所得税について

所得税とは個人が得た所得に対して支払われる税金です。

会社員の場合は給料に対して所得税が引かれるので、あまり気にならない方も多いと思いますが、自営業の場合は所得税の計算から申告まで自分でやらなければなりません。

 

それでは所得税についてもう少し深く掘り下げていきます。

 

所得税とは個人の所得に対して課税されますが、その範囲は一般的にその年の1月1日~12月31日までの一年間で得た所得が課税対象になります。

(会社によっては決算の都合上、4月1日から翌年3月31日の場合もある)

サラリーマンの場合は、全ての計算を会社がしてくれるので個人で計算したり納付することはありませんので特に気にはならないです。しかし、自営業の方や退職した方は自分で計算して納付しなければなりません。

 

所得税の計算方法、は課税所得に税率を掛けた分になります。ここでは詳しく説明しません。

 

家を買ってローンを組んだ場合は税金の控除が受けられます。

(最大で年間30万円)

しかし、税金の控除を受ける時は確定申告をしなければなりません。ちなみに、控除なんていらないという方は確定申告をする必要はありませんが、かなり損をするのでしておいた方がいいです・・・

 

ちなみに、所得税は給与所得のほかに『事業所得』や『譲渡所得』など10種類に区分されており、それぞれで税負担率が異なります。

また、退職金にも課税されますし、株式の譲渡益に対しても所得税の課税対象になりますので、ほぼ全ての所得に対して課税されることになります。

 

 

こんな場合はどうするの?

【宝くじで当たった場合】

当せん金付証票法で定められており宝くじの賞金に関しては所得税はかかりません。

 

【競馬、競艇、競輪が的中した場合】

馬券などで当選した場合は、宝くじと違い所得税がかかってきます。

しかし、サラリーマンの場合、副業の20万円以内は所得税の控除が受けられますので、20万円以上儲からない場合は申告の必要がありません。

 

【会社を退職した場合】

会社を退職した場合は、その年の12月までに再就職ができない場合は、翌年に確定申告をすれば、超過した税金は返納されます。

ですので、忘れずに確定申告をしましょう。

スポンサーリンク

転職支援実績No.1

私もリクルートエージェントを利用して転職活動をしたことがありますが、コンサルタントは非常に親切で好感を持ちました。

希望に合った求人を紹介してもらえるので、在職中の方も仕事をしながら転職活動をスムーズに進めることが可能です。

あわせて読みたい関連記事

公開日: 2013年10月20日
更新日: 2014年12月6日