派遣労働が全ての職種で無期限採用が可能に(3年ルール撤廃)

改定内容

  1. 一部の職種に限定されていた派遣労働を、すべての職種にまで解禁。
  2. 最長3年しか派遣に仕事を任せることができない仕組みも撤廃して、無期限で派遣労働者に仕事を任せれる。
  3. 1人の派遣労働者は、同職場で最長3年までしか働けなくなる。

 

このことにより、企業側は3年ごとに派遣者を変えれば全ての職種でずっと派遣労働者を使うことが可能になります。

企業側にはメリットがあるように思えますが、労働者側から見たらどうなんでしょうね? 

労働者派遣法を改正することにより、使い勝手の良くなる労働派遣者が増えるのは間違い無さそうです。労働派遣者が増えると言うことは正社員の数が減るということが言えるでしょう。

 

個人的な感想ですが、なんで1人の労働期間に期限を設けるんでしょう?? ずっと同じ会社に勤めていて何か不都合はあるんでしょうかね。

3年だと、やっと仕事も覚えてきて会社としても戦力になるかな!って時に、辞めて新しい人が入ってきたら企業側からしてもメリットが無いように思いますが。

また、派遣労働者が増えることで正社員の求人数は減っていくと思います。安定した職に就くハードルがまた高くなりそうですね。

 

全ての職種で派遣が可能になるので、今後派遣の求人は増えていくと思いますので、当サイトでも力を入れていきたいと思います。

スポンサーリンク

bottom-banner53

私も転職力診断してみたら、今の年収よりも『47万3千円』も高い結果が!

適正年収の他にも、『予想内定者数』や『企業分析力』などを分析して、総合順位もその場ですぐに判定してくれるので、自分の市場価値を客観的に判断することができます。

↑転職力診断はコチラから↑