ブラック企業の基準 【ブラック企業大賞】

ブラック企業をwikipediaで調べてみると、「暴力団などの反社会的団体との繋がりを持つなど違法行為を常態化させた会社」と定義されています。

ですが、世間で言われているブラック企業は、暴力団と繋がりがあるというより、過酷な環境下で従業員を労働させている企業(会社)という認識で理解していると思います。(私もその一人です)

ブラック企業の定義は非常に難しく、例えば、長時間労働させる場合でも、長時間働かせてブラック企業だ!と思う人もいれば、残業手当が支払われるので良いと思っている人もいます。

2013年に行われた、労働組合の関係者や弁護士や大学教授などのお偉いさんが主催した、ブラック企業の頂点を決定する「ブラック企業大賞」によると、ブラック企業と認定する基準は、「長時間労働」「長時間過密労働」「残業代未払い」「セクハラ」「パワハラ」「いじめ」「低賃金」「コンプライアンス違反」「育休・産休などの制度の不備」「労組への敵対度」「派遣差別」「派遣依存度の高さ」が挙げられます。

個人的には意見になりますが、低賃金と長時間労働はどの企業でも普通にあり得ることなので、ブラック企業の対象にならない様な気がします。

居酒屋チェーンのワタミはブラック企業と言われ続けており、このブラック企業大賞でも対象を受賞しましたが、私の周りにワタミで働いている(いた)人がいないので、本当にブラック企業なのか分かりません。ただ、重労働が原因で自殺した人がいるなどの報道が出ているので、限りなくブラックだと思いますがね。

私も以前、ブラック企業と言われている、T株式会社で働いていましたが、実際に働いてみると、確かに残業時間は多いですが、残業代もしっかり支給されるし、有給休暇だって問題なく使えたので、何がブラックなのか理解できませんでした。

世間で言われているブラック企業が、必ずしも本当の意味でのブラック企業とは限らないし、その逆で、健全と思われている会社が実はブラック企業と言う可能性がありますので、就職・転職しようとしている会社が、ブラック企業なのかそうでないのかは、ネットなどの情報を鵜呑みにせずに、面接のときなんかで会社に行ったときに、自分の目で出来るだけ確認しておくことが大事です。

スポンサーリンク

bottom-banner53

私も転職力診断してみたら、今の年収よりも『47万3千円』も高い結果が!

適正年収の他にも、『予想内定者数』や『企業分析力』などを分析して、総合順位もその場ですぐに判定してくれるので、自分の市場価値を客観的に判断することができます。

↑転職力診断はコチラから↑