紹介予定派遣で正社員に登用された場合に助成金を支給

  • 一部の職種に限定されていた派遣労働を、すべての職種にまで解禁。
  • 最長3年しか派遣に仕事を任せることができない仕組みも撤廃して、無期限で派遣労働者に仕事を任せれる。
  • 1人の派遣労働者は、同職場で最長3年までしか働けなくなる。

 

上記の派遣制度の見直しにより、今後ますます企業側は採用リスクの高い正社員より、いつでも切れる派遣社員を使うのでは?という懸念があります。

 

そして今回、「紹介予定派遣で正社員に登用された場合に助成金を支給」という新たな方針が打ち出されました。

企業側に正社員としての採用を促すための処置だと思われます。

 

ただ、紹介予定派遣という制度はもともと正社員になるのを前提にしている派遣制度になりますので、助成金を出そうが出さないが、よっぽど勤務態度が悪くないとか、派遣先の業績が著しく悪化するなどの要因が無ければ、正社員になることが出来ますので、助成金を出すことにあまり意味がないのでは?とも思ってしまいます。

 

あっ、紹介予定派遣での採用を促すってことですね・・・

どれぐらいの額の助成金が出るのかは分かりませんが、これなら多少は期待できるかもしれません。

 

派遣社員に限らず、企業側がアルバイトやパートから正社員になることで助成金などのメリットがある制度を作れれば良いんですが。

スポンサーリンク

bottom-banner53

私も転職力診断してみたら、今の年収よりも『47万3千円』も高い結果が!

適正年収の他にも、『予想内定者数』や『企業分析力』などを分析して、総合順位もその場ですぐに判定してくれるので、自分の市場価値を客観的に判断することができます。

↑転職力診断はコチラから↑