残業代ゼロはブラック企業とは?サラリーマンに影響

最近、ちまたで騒がれている「労働時間規制適用免除制度

難しい言葉で書きましたが、「1日8時間1週間40時間」という労働基準法で定められた就業体系を見直そうという動きが活発化しています。

通常、会社員として勤務している場合は、管理職以下の一般社員(通常は主任以下)であれば、1日8時間1週間40時間が守られ、その時間を超過する分は、残業代として、通常の基本手当に上乗せされ給料が支払われる仕組みになっています(一部営業職を除く)

この残業代は、サラリーマンのとって非常に大きな収入で、会社によっては、10万円以上の残業代を受けることだって可能です。

 

労働時間規制適用免除制度が適用されてしまうことでの一番の問題は、「長時間労働の常習化」になります。これまで企業側は、長時間働かせると、その時間に比例して残業代として給料を支払わなければいけませんでした。しかし、残業代をゼロになることで、どれだけ働かせても一定の給料(基本給のみ)で労働者を働かせること可能になってしまいます。

ただ、労働時間規制適用免除制度を推奨している会社にも言い分はあります。残業代という制度があることで、仕事を遅くすればするほど、残業時間が増えてその分、給料が増えてしまうという矛盾が生まれてしまいます。これは私が会社員をしているときにもずっと思っていたことです。

 

では、労働時間規制適用免除制度が実施されればブラック企業が増えるのか?

 

確実に増えるでしょう・・・

私が経営者なら、従業員に何かと理由を付けて長時間働かせます。皆さんも、経営者側に立って考えればそうするでしょう。今まで、残業代が支払われていたのに、それがゼロになると、当然会社に対して不満が募るでしょう。基本給をアップさせるような、残業代ゼロを打ち消すぐらいメリットがあれば別なんでしょうが・・・

私は現在、個人事業主なので、そんなことどうでもいい話なんですが、仕事をサボってゆっくり仕事をしても残業代を貰えてしまうという制度は改善しなければいけないと思っています。

サラリーマンの方にとっては、大きな問題になりかねませんよね。まー、残業代さえ支払えば、どれだけでも働かせて良いという考えもどうかと思いますが・・・

スポンサーリンク

bottom-banner53

私も転職力診断してみたら、今の年収よりも『47万3千円』も高い結果が!

適正年収の他にも、『予想内定者数』や『企業分析力』などを分析して、総合順位もその場ですぐに判定してくれるので、自分の市場価値を客観的に判断することができます。

↑転職力診断はコチラから↑